30代でセミリタイアの必要資金

30代でセミリタイアの必要資金
資産運用でセミリタイアを目指す、不二(プロフィール)です。
セミリタイアまでの過程やセミリタイア後の日常を発信していき、こんな人生、こんな生き方もあるんだと思えるように頑張っていきます。
Advertisement

30代でセミリタイアに必要な資金

仕事に追われる毎日から抜けだして好きなことだけしてのんびり暮らしたい!!


そんな夢を抱いている私にはセミリタイアという方法しかありません。
リタイアするのは
60を過ぎてから、というのが一般的ですが最近は仕事に追われる人生に早期に見切りをつけて仕事とプライベートのバランスを重視するセミリタイアという生き方を選択する人が増えているように感じます

そんな人たちにとってこのブログが一つのシナリオとして認知されたらいいなと思います

30代といえば働き盛り真っ只中です、体力も時間もあるうちにセミリタイアするからこそその後の人生を楽しむことができるのです。

仕事が嫌だ!と思ってセミリタイアするのではなく、セミリタイア後に何をして楽しむのか?
それが重要だと感じています

私は残念ながら仕事が嫌すぎるので、セミリタイアしたいと思っているダメ人間です
セミリタイア後にやりたいこともあるのですが、仕事辞めなくてもできそうなことです!笑


30
代でのセミリタイアを目指すにあたりもっとも重要なのが「お金」です。
お金さえあればセミリタイアしたいという人はたくさんいると思います。


では、本気で30代でのセミリタイアを目指すにはどれくらいの資金が必要なのでしょうか。

セミリタイアですので、仕事での収入はあると仮定します
セミリタイアで仕事を減らすので労働によって得られる年収は150万円と仮定します。


平均年収額400万円から年間の平均貯蓄額130万円を引いた金額270万円が一般的な年間支出額となります。

全く貯金しないのも不安なので万が一に備えて年間で30万円ほど貯金すると
年間で必要な収入額は
300万円となります。

300
万円のうち労働収入で150万円稼ぐ予定なので、残りの150万円を何らかの方法で稼ぐことができればできれば30代でのセミリタイアが可能になります。


30代でのセミリタイアを実現するには労働以外に年間で150万円の収入を確保する必要があることが分かりました。
収入源として有力なのは投資による収益です。
資産運用を行って年間で150万円の不労所得を得ることができれば労働収入と合わせてセミリタイアしても生活していくことができるわけですが、では年間で150万円の収益を上げるのに必要な資金額はいくら位なのでしょうか。


投資による収益を考えるには利回りが重要になります。定期預金の金利はほとんど期待できないので論外ですが、株式による配当収入なら年間で25%の利回りが期待できます

株式投資にはリスクが伴いますが利回り目的の投資なら会社が倒産して株券が紙くずにならない限り値下がりしても影響は大きくありません。減配による利回り低下は考えられますが、適時銘柄を見なおせばかなり安定的な収入が見込めます。

高配当株を中心に分散投資を行えば一定の安全性を守りながら3%前後の利回りが見込めます。逆算すると3%の利回りで150万円を稼ぐのに必要なし金額は5000万円となるので、5000万円貯金すれば30代のセミリタイアが実現します。

多少リスクを覚悟してさらに高配当株に投資対象を絞り込めば5%の利回りも達成可能です。利回り5%なら必要なし金額は3000万円になります。

30代でのセミリタイアを実現するには30005000万円程度の資金が必要です。

現在配当利回りが3%の株に投資すれば配当生活ができるのでしょうか?
それは難しいと思っています
高配当になっているのは、株価下落により配当利回りが高くなっているため、今後減配リスクが高くなります。
私は5年後、10年後に向かって増配をして配当利回り3%になるような株を購入しています

今、セミリタイアするわけではないので5年後、10年後に配当生活できるよにしましょう

30
005000万円は簡単に貯金できる金額ではありませんが、生活を見直して支出をさらに切り詰めればもっと少ない資金でもセミリタイアは可能です

今の暮らしを維持したままセミリタイアするのか、それとも収入に応じて生活も見なおすのかによって必要な金額は変わります。

どのような生活を目指すのかをよく考えてセミリタイアを目指しましょう!!




よろしければ、下記バナーのクリックをお願いいたしますm(__)m
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ