30、40代「貯金ゼロ」が23%という事実

30、40代「貯金ゼロ」が23%という事実
資産運用でセミリタイアを目指す、不二(プロフィール)です。
セミリタイアまでの過程やセミリタイア後の日常を発信していき、こんな人生、こんな生き方もあるんだと思えるように頑張っていきます。
Advertisement

貯金ができないのか?しないのか?

30、40代「貯金ゼロ」が23% SMBCの金銭感覚調査

 SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。


 貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。消費について9割近くが「無理せず買える範囲で買う」と回答し、堅実な消費意識が浮かんだ。「年収がいくらだったら結婚、出産しようと思えるか」との問いでは、結婚が500万円以上、出産は600万円以上と答える人が多かった。

 スーパーなどで「現金よりキャッシュレス決済が多い」と答えた割合は、30代が52.8%、40代が53.4%で、昨年調査した20代の44.1%をいずれも上回った。同社は、子育てなどで出費がかさむ中年世代ほどクレジットカードやQRコード決済のポイント還元を重視しているためとみている。

https://mainichi.jp/articles/20190306/k00/00m/020/207000c

 

衝撃的なニュースに目がとまった。
30~40代の23.1%が貯蓄できていない。
50万円以下を含めると約50%もの人が貯蓄できていない現状がある。こんな低金利の時代に貯金なんかは見限って自分に投資してるのであれば、それはそれで素晴らしいんだが、自分に投資するにしても20代が限界である。

30~40代では自分に投資した分を回収し貯蓄に回さないといけない。ただ、単純に豪遊している人か本当に生きていくだけで精いっぱいな人のどちらかだろう。この年代だと家族を養っていくので精いっぱいなのかもしれない。

だが、この年齢で貯蓄50万円以下の割合が50%に達しているのは個人の問題ではなく、政治の問題なきもしている。

一方で貯蓄1000万円以上が10%もあることを考えると、2極化が進んでいるのだろう。


セミリタイアなんて考えることができるのは、この10%ぐらいの人でも一握りの人だろう。
大企業に就職、起業して一発当てる以上にセミリタイアは非現実なものだと思えてくる。
そんな、セミリタイアに向けて極限の節制と資産運用の勉強と仕事(種銭)を頑張ろうと思う。


よろしければ、下記バーナーのクリックをお願いいたしますm(__)m
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ