自動車業界の動向 part8

自動車業界の動向 part8
資産運用でセミリタイアを目指す、不二(プロフィール)です。
セミリタイアまでの過程やセミリタイア後の日常を発信していき、こんな人生、こんな生き方もあるんだと思えるように頑張っていきます。
Advertisement

Shared (カーシェアリング)


前回は自動運転がすぐそこに来ていることを記事にしました

今回は自動車業界の収益構造で一番変わってくるであろうカーシェアリングです

既に都内では車を持つ人が減ってきています
台頭してきたのがカーシェアリングです

カーシェアリングとは、1台の車をみんなで共有して使いたいときに車を使い
使った分だけを支払う制度になります

都内では駐車場代も高い、車の維持費も高い
こともあり車を持たない人が増えてきています

車は必要な時にのみ、シェアすることで費用を抑えることがコスパがいいんです

このカーシェアリングですが、アメリカではUBER,LYFTといった配車サービスが盛んになっています

このように、車を所有する時代から、利用する時代に変わりつつあります

このカーシェアリングと自動運転が組み合わさるとどうなるのでしょうか?

答えは、アプリで好きな時に車を呼び、目的地を設定するだけで自動で移動してくれることになります

車を移動するという目的を時間的、費用的に最小に抑えて実現可能にしてくれるのです

こうなると困るのが、自動車会社になります

車の販売台数は激減し、車の修理も必要なくなります

収益の大きな柱を失うことになります

自動車を販売して成り立っていた事業が自動車を使ってサービスを提供しないと事業として成り立た無くなっています

自動車会社がサービス業参入しないといけなくなっています

この流れに対応できている既存の自動車メーカーはVW,ダイムラー,トヨタぐらいです

あとは従来の自動車業界の仕組みで儲けを出そうと必死になっているように感じます
そもそも、そこまでの体力が他社メーカーにはないのが現状です

しかし、サービス業に参入したからと言って本当に利益を上げれるのでしょうか?

それはまだ未知数ですね

車を作り、移動という価値をお客様に提供する

そんな自動車会社に変らないと経営が傾くのです

トヨタという大企業でありながらベンチャー企業のようなスピードが求められています




よろしければ、下記バーナーのクリックをお願いいたしますm(__)m
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ