長期国債金利の低下 (逆イールド)

長期国債金利の低下 (逆イールド)
資産運用でセミリタイアを目指す、不二(プロフィール)です。
セミリタイアまでの過程やセミリタイア後の日常を発信していき、こんな人生、こんな生き方もあるんだと思えるように頑張っていきます。
Advertisement

逆イールド

国債10年物の利回りが3カ月物の利回りを下回る超短金利の逆転現象になりました

金利は貸し倒れリスクがあるため、長期金利のが高くなるのが普通です

その普通ではないことが起こったのが今回の逆イールドです。
理由としては、アメリカの中央銀行が今年の金利上昇は無いと明言しており、そこに加え経済指標が悪く今後金利を引き下げるのでは?
との懸念から長期国債が買われ長期国債の金利が下がりました。


単純に考えれば、長期的な目線に立てばFRBは利下げするだろうとの予測が反映されたことになります。
利下げする理由は単純で、企業がお金を借りるときの利子負担が重荷になるほどの
景気が悪くなりことが想定されるからです。

そのため、過去3回同じような逆イールドになったことがあり、すべてにおいて不景気になりました。
このことが災いして、投資家心理が冷え込んで、株売りが進みダウ暴落へと繋がったと推測されます。


最近の経済指標も悪かったので、今年はポートフォリオを見直してみようと思います。

月一でポートフォリオは公開しようと思いますので、参考にしてください。

よろしければ、下記バーナーのクリックをお願いいたしますm(__)m
ブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ